sony01

やはり噂は本当だったようですね。ソニーが業務用映像機器の展示会2014 NABショーで4K動画対応の「α7S」を正式発表しました。
公式サイトにも本製品のページが追加されたようで、4Kの動画サンプルも見られるようになっています。

肝心のスペックですが、4K動画を本体で記録出来ない(外部レコーダ必須)というなんとも中途半端な仕様で、先行するPanasonicのLUMIX DMC-GH4に比べるとちょっと厳しい感じも。
ただしフルサイズで1200万画素センサーということでいかにも高感度なカメラになりそうですし、低めの画素数からオールドレンズの母艦としてかなり使えそうという事で意外とスチルカメラユーザーさんから支持されそうな予感もします。

ソニーが海外で4K動画対応の「α7S」を正式発表
ソニーが海外で、新型の12MPフルサイズセンサーを採用する「α7S」を正式に発表しました。
Sony announces Alpha 7S full frame mirrorless with 4:2:2 4k video output 
  • ソニーは、スチルと動画の双方のために設計された12MPフルサイズミラーレスカメラα7Sを発表した。このカメラはセンサー全体から、8- bit 4:2:2 4K動画をHDMI経由で最大30pで、ラインスキッピングやピクセルビニングを必要とせずに、読み出すことができる。
  • α7やα7Rと異なり、最新のα7SではAVCHD規格が強制されず、最大ビットレート50MbpsのXAVC S も提供されている。
  • α7Sは内部で4:2:0クロマサブサンプリングの最大1080/60pの録画に対応する。それ以上高いクオリティの動画は、HDMI出力でのみ可能になる。動画を低ビットレートの720pとXAVCS1080pの両方で同時に録画するデュアル録画機能も搭載されている。
  • α7Sの「S」は感度(sensitivity)を意味している。動画ではISO範囲は200-102400で、409600まで拡張できる。ス チルではISO100-102400で、拡張ではISO50-409600になる。ソニーは、このカメラは大きなピクセルによって、スチルカメラマンに、 良好なダイナミックレンジ、グラデーション、色再現を提供すると述べている。
  • ソニーは動画に焦点を合わせた28-135mm F5(※F4の間違いのようです)のパワーズームレンズの開発も発表している。価格と発売時期はまだ明らかにされていない。
  • α7Sのスペック

    - ボディはマグネシウム合金
    - 12MPフルサイズCMOSセンサー
    - 画像処理エンジンはBIONZ X
    - ISO100-102400(拡張で50-409600)
    - モニタはチルト可能な3インチ123万ドット
    - EVFは235.9万ドット、倍率0.71倍、視野率100%
    - シャッターは30秒-1/8000秒
    - 動画はXAVC S 1080 60p(50Mbps)、AVCHD 60p(28Mbps)
    - ヘッドホン、マイク端子、オプションでXLRに対応
    - メディアはSD/SDHC/SDXCとメモリースティックDuo/Pro Duo/Pro-HG Duo
    - HDMI(micro-HDMI端子)は4:2:2 8bit 4Kまたは1080動画出力
    - Wi-Fi内蔵、NFC
    - 大きさ127x94x48mm、重さ489g(バッテリー含む)
というわけで、どうしてこのような仕様になったのかは追々判明すると思いますが、ソニーとしても4KハンディカムFDR-AX100やFDR-AX1があるので思い切ったカメラを投入出来なかったというのはあるんでしょうかね・・・ちょっと残念です。

ソニー デジタル4Kビデオカメラレコーダー Handycam AX100 FDR-AX100
ソニー デジタル4Kビデオカメラレコーダー Handycam AX100 FDR-AX100
  • メーカー: ソニー
  • 価格: ¥ 190,000
  • 発売日: 2014/03/14
  • 売上ランキング: 49619
ソニー デジタル4Kビデオカメラレコーダー AX1 FDR-AX1
ソニー デジタル4Kビデオカメラレコーダー AX1 FDR-AX1
  • メーカー: ソニー
  • 価格: ¥ 353,000
  • 発売日: 2013/10/25
  • 売上ランキング: 359546